あきゅらいずが今までのスキンケア対策が大間違いだと教えてくれる!

私たちが今まで当たり前のようにしているスキンケア対策ですが、本当に正しいのでしょうか?

 

もともと日本人の女性は、肌のきめが繊細で、色白の美しい肌をした人が多い民族でありシルク肌とも呼ばれるくらいですが、スキンケアをするという概念が、戦後ヨーロッパから伝わってから「敏感肌」「乾燥肌」などの肌トラブルが急増しはじめたといわれています。

 

 

もともと、人間の肌は自然に美しさが保たれる「機能」が備わっており、環境に柔軟に対応します。厳しい環境では肌も身体の中から肌の保湿、潤いに必要な成分が供給されますが快適な環境だと肌も怠けてしまいますし、その機能も低下していってしまいます。

 

 

それに加えて、現在のさまざまな化粧品を使用することにより、肌が本来持っている、美しさを維持するための「機能」を、破壊してしまう原因がありました。

 

 

原因には大きく分けると3つあり、1つ目はファンデーションやメイクをしっかり落とそうとして、肌に必要な潤いまで過剰に洗い過ぎてしまう事。強い洗顔は、肌の潤いをまもる「肌バリア」まで奪ってしまいます。そうすると、次第に皮膚はもろくなっていき、乾燥をして、張りがなくなってしまったり、皮脂を摂り過ぎたことによって反対に皮脂をたくさん出そうとして、ニキビや毛穴の広がりのような、肌トラブルを引き起こすようになります。

 

 

2つ目は、ファンデーション等の塗り過ぎ。肌をきれいに見せたい、トラブルをカバーしたい・・そんな気持ちがつい塗り過ぎてしまう場合が多いのではないでしょうか?ファンデーションの主成分は油分であることが多いので、重ね塗りの状態が長時間続くと、酸化が進んでしまい、ニキビや肌荒れなど肌トラブルの原因になってしまう場合もあります。

 

 

3つ目は、つっぱる肌に保湿剤などを付けすぎてしまう事。保湿剤などの付けすぎは、新陳代謝の働きを低下させてしまう原因になりかねません。それを止めることによって、肌の新陳代謝がアップして、肌トラブルが改善へと向かいます。

 

 

しかし、肌によいと理屈では理解できても、これまで馴染んできた化粧品を止めることは恐怖にも感じるかも知れませんし、今まで甘やかせてきた肌を急に厳しい環境にすると、一時期、ニキビがひどくなったり、肌がボロボロ、カサカサになる、今までよりもひどい肌の状態になったりして驚くかもしれません。

 

 

ですが、これはある意味仕方のないことであり、この期間を耐えることができれば、肌環境を変えることができます。過剰なスキンケアをやめて、本来もっているはずの美肌になる力を呼び覚ましてあげることが重要なのです。

 

 

そんな方にぴったりなのが「あきゅらいず」です。出来るだけスキンケア化粧品を減らしていきたい、さらに、肌本来の力を引き出したい、すっぴん美肌を目指したい、そんなコンセプトのもとに開発された化粧品です。高級化粧品を一通り使い果たした、いわゆるコスメジプシーの方にもぴったりです。

 

 

 

 

すっぴん肌ならあきゅらいず

 


あきゅらいず化粧品を実際に購入した方の辛口の口コミを見てみましょう。

あきゅらいず化粧品は、とても多くの方に購入された大ヒット商品なので、とても多くの効果があり大変喜んでいる口コミがあります。これからあきゅらいずの購入を考えている方のためにあえて辛口の口コミを集めてみましたので、参考にされてから購入されればいいと思います。問題点を把握してから購入した方が間違いありませんので。

 

8ヶ月間、秀くりーむと優すくらぶとセットで使い続けました。
端的にまとめると、いい商品だけど価格に見合う決定打がない、というのが個人的な感想。

 

使用感はとてもいいです。泡立てネットで20回以上モコモコすれば濃密なホイップクリームのような泡が出来上がります。
私はこの石鹸のみでメイクもしっかり落とせているので、2回洗いはしてません。洗い上がりはさっぱりしっとりつっぱらず、です。

 

ただし石鹸が3分の1くらいの薄さになってきたら、泡立ちと洗浄力が落ちてきます。石鹸の色が薄いグリーンになりだしたら注意。その状態になったら2個めの石鹸と合体させて使ってました。

 

私がこの石鹸に求めてきたのは、繰り返すニキビ、肌荒れ、肌のくすみ の改善だったんですが、正直どれもそこそこ効いたけど、解決までには至りませんでした。


 

石鹸とスクラブとクリームの三点使いというシンプルケアですっぴん肌になれるとは、また固形石鹸が好きなのでこの石鹸自体にもとても興味を惹かれました。

 

値段は少し高めだけど漢方由来の美容成分がたっぷり入っているらしいのでまあそんなものかと、またこれひとつで軽いメイクも落ちるなら許容範囲かなと思いました。

 

お化粧を落とすにはこれを直接肌にくるくるとあてて洗うらしいけれどなんだか面倒だし洗い残しそうなので普通に泡立てて洗い流していました。泡立ちも凄く良いけれど実際にはそんなにむちゃくちゃ泡立てなくても問題ないらしかったので気楽でした。


 

 

 

優スクラブは絶対ハッカでがなくゼラニウムが好み、というよりすっかり気に入ってしまい何本かリピートしました。
顔に伸ばして湯船につかっていると本当に良い香りで気持ちが癒されました。そんなふうにスクラブというよりはパックみたいな感じで使用してけっこう満足していました。

 

が、実は”あまり長く顔にのせていると刺激になる”ということを後から知りました。いつも商品と一緒に届く会報誌に書いてありました。

 

それからは気をつけるようにしましたが手間がかからないのは良いもののなんだか物足りなさが半端なく感じるしまつで。
この商品、いいお値段します。さっさと洗い流してしまうものだと思うとちょっと買う気が萎えてしまって結局手が出なくなりました。


 

ハッカなのでスースーするのは勿論分かっていたのですが、冬の朝の寒い洗面所で使ったのもあり、思ったよりスースーしてびっくりしました(笑)

 

夏に使ったら気持ちいいだろうな…と思いましたが、ちょっとお値段が高すぎるなぁ…


 

 

 

私の肌が悪いのか?逆に乾燥が気になって仕方ないです。

 

付けて直ぐは良い感じなんですが、数時間後には頬がカサカサしてきちゃうんです。

 

春先になればまぁ使えない事もなくはないでしょうけど、今は物足りなさすぎて使えないかな。


 

チラシの社員さんの美肌っぷりにどうしても使ってみたくなりました。

 

いつもはいろんなお化粧品を使うのが好きなのですが
疲れているときもあります。
そんな時にこちらはとても心強かったです。
プッシュ式というのもいいですね。

 

ですが、自分にはこれでなくては とまではいきませんでした。
優すくらぶとペアで使いましたが、お値段、結構しますよね。


 

 

以上が「あきゅらいず化粧品の辛口の口コミ」を紹介しましたが、安価な商品ではありませんので、お値段と効果の費用対効果を気にしている人が多くいるようです。

 

まとめてみると、「あきゅらいず」はもともと敏感肌の人でも使えるように作ったスキンケア商品ですので、個々の肌の状態により、重たく感じる場合と物足りなく感じる方に分かれるようですが、そんな時は季節や体調など、その時の自分のお肌に合った「使い方と量」を工夫することがポイントのようです。

 

自分の肌との相性もありますので、「4日間のお試し詰合せ」などを利用して試してみるといいでしょう。

 

 

 

あきゅらいずのシンプル3ステップ

 

 

あきゅらいずは「草根木皮たまり」に配合された10種のハーブが重要ポイントです。

あきゅらいず化粧品は、もともとは「敏感肌の人でも使えるように」と、やさしい成分で作られたスキンケアなので敏感肌の方にはもってこいの商品です。

 

実際、敏感肌の方が使い始めることも多く、また、様々なコスメを使い倒してきて、もはやどんなものを使えばいいのか迷ってしまっている方が、最終的にあきゅらいず化粧品に辿り着くパターンも多い商品になっています。

 

では、他の化粧品と大きな違いは何なのでしょうか?

 

それは、やはり「草根木皮たまり」に配合された10種のハーブです。「美養」の答えを東洋ハーブに求め、「あきゅらいず」代表の南沢自ら単身中国に渡り、そこで、現代の日本人女性の肌悩みに最適なハーブの配合を目指し、研究機関との共同研究で、抽出のための薬剤は一切使用しない、こだわりの「水抽出法」による濃厚なハーブエキスの抽出に成功しました。

 

両手にたっぷりのハーブから抽出できるエキスは、たったのスプーン一杯。植物のもつ生命力をぎゅっとつめこんだ、まるで黒蜜のようなとろっとした黒いツヤツヤの濃縮エキス、それが「草根木皮たまり」です。お肌に潤い成分が浸透し、お肌が本来持っている潤いを保ちながらキメを整えていくのが美肌のカギになるのです。

 

 

泡石(ほうせき)

 

あきゅらいずが独自に開発した東洋ハーブエキス「草根木皮たまり」をぎゅっと固めた黒蜜のような深緑の石鹸です。
このほか、セラミドやアロエベラエキス、カッコンエキスなどを配合して、徹底的に保湿にこだわりました。
粘りっ気のあるもちもちとした泡が、お肌の汚れや皮脂を落としながら、お肌に潤いを与えてくれます。
もちもち泡のキメ細かさとふっくら感、洗い上がりのすっきり&ぴかぴか感、そして不思議なしっとり感を、味わうことができる石鹸です。

優すくらぶ(ゆうすくらぶ)ハッカとゼラニウム

 

お肌のキメを整え、柔らかくほぐし洗い流すパック。洗顔後、濡れたお肌にのばして、30秒後に洗い流すだけ。
ハーブやビタミン、ミネラルそして、あきゅらいず独自のエキス「草根木皮たまり」がたっぷり配合された毎日ご使用いただける洗い流すタイプのマッサージパックです。不要な角質を取り除き、硬くなった肌を優しくほぐして柔らかに整えます。爽快感のあるハッカの香りとゼラニウムの香りです。

秀くりーむ(しゅうくりーむ)

 

化粧水・乳液・美容液が1本になった多機能クリームです。保湿成分の「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」のほか、セラミド、コラーゲンなどが保湿をしっかりサポート。
みずみずしいジェルのような質感で、しっかり潤うのにベタつかず、しっとりさらりとした新触感の使用感です。「秀くりーむ」1本で保湿を完了させるためには、洗顔後も潤いが残っていて、「秀くりーむ」が角質層になじみやすい肌であることが理想的。そのためには、1【泡石】、2【優すくらぶ】、最終ステップ【秀くりーむ】のライン使いがおすすめになります。

 

 

あきゅらいず美養品